2021.09.14    シロアリの点検のタイミング、活発になる時期などを知ろう!

家のメンテナンスの悩みの一つには、シロアリの存在があります。
シロアリが家に住み着いた場合、家の基礎や壁の木材が食害されて穴ができるなど、大きな問題に発展します。
ここでは、シロアリの点検のタイミング、活発になる時期などについてお届けします。
是非、駆除の参考にして下さい。

シロアリが活発になる時期について

シロアリは年中発生時している

シロアリの発生時期には、特定時期というものがありません。
冬眠や決まった活動期間がなく、産卵時期も存在しません。
常に、女王アリが産卵して巣の個体数が減らないようにしているので、年中発生しています。
女王アリが産卵を続けていると、巣の中でシロアリが増え過ぎることがあるのですが、その際、個体数のバランス維持で一部のシロアリが羽アリになって巣から飛び立ちます。
羽アリ発生時期は春から夏にかけてで、この時期に羽アリを発見して、シロアリの存在が分かる方が多いです。
羽アリ発生時期は、シロアリの種類によって違うので、羽アリを見つけた時期で種類の見分けがつきます。
数十匹の羽アリが発生している場合は、家の中でシロアリが発生している可能性が非常に高く、今すぐ駆除が必要です。
また、1~2匹の少数の羽アリが飛んできた場合は、外から来た羽アリの可能性がありますが、家の中に巣を作られないよう注意が必要です。

シロアリは冬でも活動している

シロアリは冬眠しないので、冬でも活動をします。
昔は、シロアリは暖かな環境を好む性質で、冬は活動が鈍るといわれていましたが、近年は暖房器具によって床下が温かいため、シロアリは活動します。
また、家の外と室内の寒暖差での結露は、シロアリの好む湿った環境であり、好都合な環境が確保された冬でも元気に活動し続けます。

シロアリが活発になるのは4月~6月

シロアリは、基本的に年中活動しており、真冬ですら冬眠せずに活動を続けます。
その中でも、特に、活動が活発になる時期は4月~6月頃がピークになります。
気温も暖かくなり、湿度も上がってくるこの時期は、シロアリが好む条件に最適だからです。
巣にいるシロアリの数も増加し、羽アリも発生し始める時期です。
羽アリというのは、繁殖能力を持ったシロアリで、数百から数千匹以上が外に飛び立ちます。
湿って薄暗く餌が豊富な場所でオスとメスが出会えば、巣を新たに形成していきます。
つまり、春から梅雨にかけての時期というのは、シロアリ被害拡大や新たなシロアリ被害などが始まりやすく、特に、予防や点検が必要になるのです。
シロアリを駆除する場合、適した時期というものはなく、シロアリを見つけたその時が最適なタイミングといえます。
駆除時期の理想的な季節は3月頃ですが、実際の状況を考えた際には、時期に関係なく見つけたタイミングでの駆除が最適です。

シロアリの点検のタイミングについて

点検は毎年行うのが大切

シロアリは、暗い場所で湿った木材を好んで食べています。
なので、床下、床下換気口とその周辺、水回り、タイルの隙間、屋根裏などが、シロアリのチェックポイントになります。
また、家の周りの木材や段ボールなども住処にするので、忘れずに確認することが大切です。年中活動しているので、点検も毎年行う必要があります。
最もシロアリ点検で重要なポイントは床下です。
湿気が多く日も当たらないので、シロアリには快適な環境だからです。
シロアリの通り道である蟻道がポイントで、不自然な土の道があれば蟻道の可能性が高いです。
また、木材がボロボロになっている、水漏れが発生している、湿気が溜まっている、このような部分も確認が大切です。
また、水回りなどは、木材が水分を含みやすい場所になるのでシロアリが好む環境で、入念に調べる必要があります。
他にも、家の外側のチェックポイントには、ひび割れ、換気口前の障害物、家周辺の木材にシロアリ被害がないか確認する必要があります。

以前シロアリ消毒しているなら5年に1回

以前、シロアリ消毒している場合は、5年に1回のシロアリ点検がベストです。
その理由は、消毒薬剤が5年で効果が切れるからです。
このタイミングで点検を行うことで、何も問題がなければ再び消毒して、シロアリ消毒効果を持続させるのが理想です。
また、今までに一度も消毒していない場合は、点検を直ぐに行って見てもらうことが大切です。
定期的な点検は、シロアリの早期発見に繋がるので、万が一、シロアリが発生していたとしても最小限に被害を抑えることができます。
シロアリというのは、基本的に数万~100万匹の群れで生活しており、一つの群れで一日に70gの木材を食べています。
年間にすれば約25kgで、これは柱でいうと約5m分の木材が食害されていることになります。
そう考えた場合、地震発生しの際に倒れてしまう事態になりかねません。
シロアリ被害の発生は、大きく家の耐久性を低下させるので、点検は必ず定期的に依頼しましょう。

まとめ

ここでは、シロアリの点検のタイミング、活発になる時期などについてお届けしましたが、いかがでしたか?
シロアリは、大切な家を食害してボロボロにする害虫です。
知らぬ間に住み着き、気付いた時には被害拡大で手が付けられないこともあります。
定期的に家を点検してシロアリの早期発見に繋げ、大事な家を守っていきましょう。

▲ページトップへ